until end of the world


受け入れること、それが悟り。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自発的対称性の破れ[spontaneous symmetry breaking]

自発的対称性の破れ、
少し前に、多くの人が耳にし、目にしたであろうこの言葉。

衒学的になるので、学術的な仔細は抜きにして

分かりやすく言うと、自然のあらゆる物体はある時点での対称性を有していて
なんらかの影響でその完全無欠な対称性が崩れるということで

この理論が物質の最小構成単位であるクォークでも起こっていて
そのある意味での歪みが素粒子[クォークの集合とする]の質量が0のまま保たれていた
真空の理想郷を破ったということになります。

ここに神の粒子とよばれるヒッグス粒子の手を借りて
重力を授けられたというわけなんです。

とまぁ、いきなり意味の分からない解説で濁してみたものの
平成23年度入学試験、前期、後期とも不合格という結果になってしまいました。

なってしまいました、というとどこか受動的な感じを与えてしまいそうになるけど
自分の印象としてはやっぱりまだできるとこがあったのかな、と

後一年、不断の努力を普段から続けていきたいと思う所です。


ところで
今日、3月31日で社会的には高校生でなくなりますね。
気持ち的にもそうなりたいとは願っていますが

浪人生としては今まですがっていた肩書をはく奪されて
宙ぶらりんな感じで、なにかと遣り切れない事態に陥りそうで
少し、憂慮を覚えずにはいられない心境です。

もちろん友人たちの中には
無事に大学受験を突破して、進学していく人もいて
中には東京や、地方に進学していく人も大勢います。

私自身も、その見送りとかいろいろした後
なかなかに寂しい思いに苛まれてもいます。

また会うのは、一年後、いや二年後ですかね。

『会おうと思えば、会える』
『また遊びに行く』

そうやってとりあえずのた約束で、溢れ出す寂しさに蓋をして
たくさんの別れを告げてきました。

今、予備校の書類を書きながら日記を書いてます。

少し、肌寒いくせに
そんなことお構いなしに、何気ない顔で
また春はやってくるんですね

次また君と会うときは、
少しぐらい顔向けできるように
頑張ってみます。

今がどんなにつらくても
どんなに苦しくても
飽きもせずに、見慣れた日常を抱えて歩み寄ってくる季節だけれど

その当たり前の日常の対称性も
いつかは破れるはず

そう
自発的対称性の破れによって。




スポンサーサイト

ニュートリノ振動 [neutrino oscillation]



どうも、ごぶさたしております。

前回の夏前の記事からもう、二か月近くたつんですかね。
なんとなく、受験前の最後の更新をちゃんとしておきたくて
更新してみた次第です。

夏も、あーだーこーだ言いながらいつの間にか姿を見せなくなり、
少しその影を垣間見せたと思いきや
秋と肩をすれ違わせる。

学校帰りの通学路も
いつのまにかその長くなる影を踏みしめることに
口惜しさと焦りを感じております。

日に日に机に座る時間も長くなり、
鞄の中身もその重みを増し、
せまりくるものへの重圧も相まって
心を軋ませる日々、

その、なんというか
今、台風が近づいているらしく
雨が轟々と降っている訳なんですが

このままこの雨も、
いつのまに雪に変わって
制服も冬服に変わって、
ネクタイを締めるようになって、
マフラーを巻きつけるようになって、
息が白くなっていって、
ポケットに手を突っ込むようになって、
願書と赤本を握りしめるようになって、

気づけばもう、受験だなぁと。

再認識、
したわけです。

ひっきー自身は
まだまだ苦手教科も克服できず
志望校も絞り切れず
頭を抱えながらも、毎日学校に通ってるんですが

最近は、本当にやらないとなぁと

再認識、
したわけです。

志望校はやっぱり、自分のためでなくとも
自分で考えて、自分が一番だと思うとこに行けばいいと思うし
それはとどのつまり自分のためになると思うし



受験勉強はひとりじゃないけど、受験はひとりなわけで



誰かと一緒に行きたいとかも大事だけど、ちゃんと自分のことも考えておきたいなと


そのための努力を惜しんで、何に努力をするべきなんでしょう

東大生の先輩が言っていたことを繰り返させてもらうと

どんなに容量がいいやつで、一見勉強してないような所謂天才型のやつでも
死にもの狂いで頑張って届くのが第一志望ってとこ

やっぱり、笑って卒業したいし、みんなで一つのことにこんなに一生懸命になれることって
人生もう、そんなにないことだと思うから

頑張りましょう。
月並みですが

きっと桜咲くよ!


最後にこの動画、

個人的にすごく胸が高鳴って、やる気がでます。

次の更新まで半年近く
合格の発表ができることをn
いやいや
合格発表しますよ!

ではではノシ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない[We have not known the name of the flower seen on that day yet]

テスト片手間に終始うるうる、というか号泣してた春アニメ

久しぶりにブログに上げたくなるぐらい感動したので、
みなさんにおすすめしていきたいと思うのです。

【これまでのあらすじ】

幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める from wiki 




事後1308845711537s

事後1308845723097s

というわけで、前回、芽衣子の願いを叶えようと手作り花火を打ち上げるも芽衣子は何の反応を見せない。
そして再び集まる6人、お互いの芽衣子への思いを吐き出し始める。


事後7b75c3b3-s

事後1308845978507s

事後2ecd7772-s

事後42564790-s

事後f1f86a9a-s

5人はみなそれぞれ心の中に芽衣子という傷を抱えていた。
あの日から救われることなく、5人の時間はあの日に囚われたままだった。

事後dat1308846462385

事後448300b0-s

事後de97cad6-s

やがて、死という流れに押し流されていく芽衣子
あの日伝えきれなかった思いを皆に綴る。

事後3b2db520-s

事後986701e7-s

事後1308846923750s

事後fcbea86b-s

事後94905dc9-s

事後26a0a52b-s

6人はあの秘密基地に再び集う。
次第にその存在を見せなくなる芽衣子。
最後に、みんなとかくれんぼ。

事後65389e1a-s

事後80b6e5e3-s

事後d39480d6-s

事後ff0b23c7-s

事後7f6c3b93-s

事後7fddb299-s

事後345a4819-s

事後b6e585ff-s

5人はあの花を胸に、心に栞を挟んで

事後dc39a672-s

あの花、本当に面白かったです。
さすがトラドラのスタッフの皆さんといった感じです。
これからも、感動を与えてください!

ではでは


lunkheadとかセンス良すぎ。

ランダムウォーク[random walk]

そうそう、約二か月ぶりの更新です。

受験戦争なうなんです。
定期試験終わったんです、受験はこれからなんです。

そう夏ですね。

海ですね、お祭りですね、花火ですね、夏期講習ですねぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ(ry

どうよ、羨ましいだろ<(`・ω・)/
夏期講習とかまじリア充。




_| ̄|○、;'.・ オェェェェェ


このくだり去年もやりましたね、すいません。
最近は勉強っていっても学校の課題に流されて、
自習室行っても割けるチーズ割いてるようなひっきーなので。
なんですかね、この感じ


受験戦争っていう表現自体ナンセンスだと、個人的には思っていたり
それだけの競争率の中で競い合うってのはまぁ何となく分かるんだけど、
そんな血も涙もないつか、むしろ血も涙もあるわけで
死んじゃって、はい終わりってな感じじゃないんですよね。


なんつーか、
一般の高校生にもなりきれないし、受験生にもなれない自分が歯がゆい。

というわけで、この前言ってきた大阪大学の写真うp

・豊中キャンパス(文系中心)

事後写真 2011-05-05 15 13 52

事後写真 2011-05-05 15 26 25

事後写真 2011-05-05 15 26 33

事後写真 2011-05-05 15 26 35

事後写真 2011-05-05 15 30 12

事後写真 2011-05-05 15 30 13

事後写真 2011-05-05 15 36 13

事後写真 2011-05-05 16 00 53

事後写真 2011-05-05 16 01 24

事後写真 2011-05-05 16 03 54

事後写真 2011-05-05 16 06 57

事後写真 2011-05-05 16 15 03

・吹田キャンパス(理系中心)

事後写真 2011-05-05 17 17 24

事後写真 2011-05-05 17 22 53

事後写真 2011-05-05 17 23 05

事後写真 2011-05-05 17 24 16

事後写真 2011-05-05 17 24 21

事後写真 2011-05-05 17 28 30

事後写真 2011-05-05 17 32 58


やっつけですが、一応なんか楽しかったです。
心ゆれますね。

クラシック・アナログ時計

プロフィール

hikikomororinn

Author:hikikomororinn
もうすぐ、そっちに行くよ。

最新記事

最新コメント

フリーエリア

FC2カウンター

カテゴリ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。